テレビドアホン・火災報知器・セキュリティ・TVアンテナ

Electrical
セキュリティの部分からテレビドアホンの需要は高く、多くの住宅・マンション等でテレビドアホンが設置されています。 スマートフォンとの連動をすることで、外出中でも対応ができます。

また、カメラやセンサー等を連動することで室内を確認することができます。

古いドアホンから新しいカメラドアホンへの交換も可能です。

 

シンプルタイプのカメラドアホンからスマートフォン、ホームセーフティー機能のついたカメラドアホンまでご用意しております。

商品ラインアップは下記リンクよりご覧ください。

テレビドアホンについてのよくある質問は下記をクリックしてご覧ください。
住宅用火災報知器は各市区町村の火災条例で定められている場所に取り付ける必要があります。

寝室や寝室がある階の階段等には火災報知器を設置しなければなりません。

浴室やトイレ、洗面所は義務ではありません。

 

オススメする火災報知器は、別のお部屋にいても火災が発生した場合全てのお部屋の探知機がなる連動タイプです。

部屋数の少ない場合は単独型、部屋数の多い住宅には連動型と用途にあった火災報知器をご提案できます。 また、火災報知器は10年が取替の目安となりますので現在お使いの火災報知器が壊れていたり、10年以上経過している場合は当社へ是非お問い合わせください。

火災報知器についてのよくある質問は下記をクリックしてご覧ください。
門構えの無いご自宅の駐車場や、マンションの出入り口、駐車場など不特定多数が出入りできる場所は犯罪や事故が発生しやすく 防犯カメラを取り付ける事で、犯罪や事故が減り治安も良くなりやすくなります。
駐車場の監視に。
出入り口や駐車場など。
不審者や盗難防止に。

写真のカメラはほんの一例です。防犯カメラについてのお問い合わせはお気軽にご連絡下さい。

警備会社と異なり、大音量の警報ベルやサイレンで犯人を威嚇し、速やかに追い出すのを目的としています。同時に自動通報装置がオーナー様などに5〜8箇所に電話を掛け、中の状態を音で確認し、自らの声で『こら!何している!出て行け!』と威嚇することが可能です。そして110番通報をご自身で行って下さい。
また、建物の中を警備会社に任せ、外周は防犯カメラの設備にするとダブルで安心です。更に本当に大切な場所迄侵入した場合に大きな音で威嚇する様にすると最強システムとなります。
警備会社は長期の契約期間があり常に毎月の費用が契約期間中発生します。防犯カメラの場合お支払完了後はご自身の所有になりますので、その後の費用はかかりません。 リース契約の場合は毎月リース料が発生い足します。
警備会社の場合は、一般的に非常押しボタンはオプションでありますが、通報が警備会社に行くだけで警備員が到着するまで待っていなくてはなりません。防犯カメラは非常押しボタンが標準仕様となります。帰宅時・開店・閉店時に被害に遭う事件が増えています。このような際、大音量のベル・サイレンは大変心強いものです。
セキュリティについてのよくある質問は下記をクリックしてご覧ください。

デジタル放送にテレビが切り替わってから美しい映像でテレビが見れるようになりました。 デジタル放送に切り替わった事でアンテナの交換も必要となりました。 また、4K、8Kテレビが出たことで更にクオリティの高い映像が見れるようになりますが、専用のアンテナが必要となります。

リュウデンオススメの商品をご紹介いたします。

近年人気の平面アンテナは、屋根等にポール設置の必要が無いため、外観がスマートに仕上がります。 但し、指向性が低いので設置場所によっては受信が困難なケースがございます。 その場合、ブースターで補強する等の対策が必要となりますが、設置の可否も含めご相談いただければ調査いたします。

 

現在のTVアンテナ及び受信装置やケーブルでは4K・8K放送が受信できない可能性があることを知っていますか? 4K・8K放送は周波数が高いため、既存の設備では各ご家庭に伝送することができないケースがございます。 その場合、4K・8Kに対応している受信機器・ケーブルに交換する改修工事が必要となります。 導入をお考えの場合は早期にまず対応可否の調査をすることをお勧めします。 勿論、調査からリュウデンにお任せください。

TVアンテナについてのよくある質問は下記をクリックしてご覧ください。